ダイエット

チートデイの有用性!食べないと痩せません!

???

体重減ってきていたのに、ある時点から全く減らなくなっちゃったよ〜

停滞期に入ってしまったのかも?チートデイを活用したらどうかな?

かずきち

ダイエットを頑張ってやってきて、体重が順調に減ってきた!

でもある時から、同じ食事と運動しているのに、全く体重が減らなくなった、ていうかむしろ増え始めた・・・

みなさん、こんな経験ありませんか?

これ、いわゆる停滞期ってやつです。

辛い辛いダイエットの末にこんな状態に陥ってしまったら、心が折れてしまうかもしれません。

 

これを避けるために有効なのが、チートデイです。

今回はチートデイについてお話していきます。

 

チートデイの有用性

ダイエットの関門 停滞期とは

さて冒頭でも述べたとおり、ダイエットには「停滞期」というものが存在します。

順調に減っていた体重が、ある日ある時から全く減らなくなるという現象です。

なぜずっと体重が減り続けず、このようなことが起きるのでしょうか。

 

実は、人間の身体というのは非常に合理的にできていて、周りの環境への適応力がすごいんです。

摂取するカロリーが少なくなると、その少ないカロリー(熱量)で生きていかないといけないので、身体は省エネモードに入ります。

同じ行動をしていても、消費するカロリーを少なくすることで、餓死してしまわないようにしてくれているのです。

この身体の機能は、原始時代とか、食糧に恵まれていない時代なら非常に有用なのですが、現代の、しかもダイエッターにとっては消費カロリーを減らしてしまい、なかなか厄介な機能なのです。

つまり、摂取カロリーが少ない状況が続いてしまうと、身体はその状況に慣れてしまい、痩せづらくなってしまうということです。

カロリーを必要以上に制限してしまっている方は、より身体に負担がかかってしまっていますので、特に停滞期に陥りやすいと言えます。

停滞期回避の方法とは?

では停滞期は不可避なのか、というと、そんなことはありません。

停滞期は、身体が減量状態に慣れることで起こります。

ということは、逆に身体が減量状態に慣れ過ぎなければ良いのです。

つまり、ずーっと食事制限や運動を続けるのではなく、適度にそれを緩めてあげることで、「減量状態・・・じゃないのか??」と身体に勘違いをさせるのです。

チートデイを活用しよう!

そこで、チートデイを活用しましょう。

チートデイとは、その名のとおりチート((英)cheat、インチキのようなもの)をするデイ((英)day、日)。

ダイエットにおけるチートデイとは、食事制限を解除し、好きなものを好きなだけ食べても良いという日になります。

チートデイを取り入れることで、身体に減量状態じゃないと勘違いさせましょう。

チートデイの注意点

チートデイを行う際は、以下の点に注意しましょう。

1 中途半端に食べるのではなく、がっつり食べよう!

チートデイで、中途半端に量を増やしたりするのはあまり効果がないとされています。

今日しか食べられないのだから、高カロリーなものを好きなだけ食べよう!という気持ちでいっぱい食べちゃいましょう。

カロリーの基準的には、3,000kcal以上摂取するぐらいが良いと言われています。

2 10日〜2週間に1回くらいの頻度で実施しよう!

チートデイの実施頻度としては、10日〜2週間に1回というペースが良いでしょう。

あくまで、身体が減量状態に慣れ過ぎないようにするということが目的のため、チートデイの回数が増えすぎると、体重が不必要に増えてしまい、ダイエット自体が失敗してしまいますので、実施スパンには注意しましょう。

3 チートデイ終了後の体重に一喜一憂しないようにしよう!

チートデイでは好きなものを好きなだけ食べます。

当然、その日は体重がどかっと増えます。

でも、この増加がのちの減少を生むのです。

それを理解して、その日の体重に一喜一憂しないようにしましょう。

停滞期を回避するだけでなく・・・?

停滞期を回避する以外にも、チートデイはダイエット的に有用な部分があります。

それは、ダイエット中なのに我慢せず、好きなものを食べることができるということです。

いや、そりゃそうだろ、と思われるかもしれませんが、これはかなり重要なことです。

本来ダイエットは、目標体重なり、目標体型なりになるまで終わりません。

食べたいものも、何日、いつまで我慢すればいいのか、がはっきりとわかりません、

しかし、チートデイを取り入れると、例えば、「10日我慢すれば食べられるから頑張ろう!」などと、自ら短く期間を区切ることで、モチベーションを保ちやすくできるのです。

ダイエットの成功に必要なモチベーションを維持するためにも、チートデイをうまく取り入れていきましょう。

チートデイの体験談

実際に、僕も高校生の頃に15キロほど痩せた際には、チートデイを取り入れていました(当時は言葉は知りませんでしたが)。

10日ほどカロリーと糖質を制限し、チートデイには菓子パンやケーキといった糖質メニューを中心に爆食いしていました。

その日が楽しみ過ぎて、前日は全然寝られず、朝4時くらいに起きてコンビニに食料を買いに行ってチートデイを開始する、ということをしていましたね。

少なくとも3,000kcal〜4,000kcalは摂取していましたが、実際に1年半ほどで15キロ痩せることに成功したので、間違いなく効果はあったと思っています。

チートデイの有用性 まとめ

今回の記事をまとめると、以下のようになります。

  • ダイエットには体重が減らなくなる「停滞期」が存在する
  • 「停滞期」を避けるためにチートデイを取り入れよう
  • チートデイは10日〜2週間に1回実施、遠慮せずにとにかく好きなだけ食べよう
  • チートデイは停滞期を回避するのみだけでなく、ダイエットのモチベーションを保つためにも大事

人間、ずっと気を張っているのはしんどいです。

チートデイで息抜きをして、明日からまたダイエットを頑張りましょう!

 

  • この記事を書いた人
かずきち

かずきち

太っちょだった中学生時代に同級生からバカにされたことで、ダイエットを決意。 高校生の時だけで15キロほどのダイエットに成功するが、社会人になりリバウンド気味なことと、筋肉系youtuber達への憧れから、現在肉体改造中。

-ダイエット

Copyright© KazAya , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.