健康

コレステロールは悪者ではない?善玉と悪玉の真実

健康診断において、最近注目している人も多いであろう、コレステロール。

「よくわからないけどなんとなく悪いもの」、「善玉と悪玉に分かれていて、悪玉が悪いもの」などの印象を持っている人が多いと思いますが、実はコレステロール自体は身体に必要不可欠なものなので、必ずしも悪者ではありません。今回はコレステロールについて理解していきましょう。

コレステロールとは

コレステロールとは、脂質が体内で分解されたものです。体内(血液中)にある脂肪はコレステロール中性脂肪遊離脂肪酸リン脂質4つに分けられます。

コレステロールといえば悪いもののように思われがちですが、コレステロールは実は生命を保つのに欠かせないものです。血液によって体中に運ばれ、筋肉、神経、皮膚などを作る細胞の細胞膜の材料になったり、胆汁酸の材料としても使われます。胆汁酸は油脂の消化や吸収を助ける胆汁の主成分です。

成人一人当たりのコレステロール総量は100gほどで、脳に25g、筋肉に25g、血液に10g、残りは内臓などに存在しています。

コレステロールの種類

よく善玉コレステロール悪玉コレステロールという言い方をするため、コレステロールには良いものと悪いものがあると思われがちです。しかし、実はコレステロールそのものは1種類しかありません。この善玉、悪玉というのはコレステロールを運ぶリボタンパク中性脂肪やコレステロールを乗せて運ぶ船のようなもの)の種類の違いで区別しているだけです。

リボタンパクは4種類あり、主に中性脂肪を運ぶのがカイロミクロンVLDL、主にコレステロールを運ぶのがLDLHDLになります。LDLはコレステロールを細胞や組織に運ぶ役割を持っています。逆にHDLは細胞や組織から余分なコレステロールを引き抜き、肝臓へ運びます

善玉と悪玉の真実

そして、世間ではLDLが悪玉HDLが善玉と呼ばれますが、決してLDLそのものが悪いわけではありません。むしろ、各組織にコレステロールを運ぶという重大な役割を担っています。

にもかかわらずLDLが悪玉と呼ばれる所以は、LDLが余ってしまってどこにもコレステロールを供給できない状態になって血液中に増えすぎると、いずれ血管壁の中に染み込んで行き、中のコレステロールが血管の壁に溜まって動脈硬化を進めてしまうことにあります。溜まったコレステロールによって血栓ができて、そこで血液が止まってしまうんですね。逆にHDLは余分なコレステロールを回収するということで、動脈硬化を抑える働きがあるため善玉と呼ばれているんですね。

健康診断などで表示されるコレステロール値は、血液中のLDLやHDLの量になります。なので、LDLが少なく、HDLが多い方が好ましいというわけです。ただし、LDLの中でも、小型LDL(スモールデンスLDL)と呼ばれるものは、超悪玉とも呼ばれ、動脈硬化を起こしやすいです。LDL値が低かったとしてもこれが多ければ危険な状態です。脂質異常症の専門医がいる病院であれば小型LDLの量を検査することができますので、心配な方は一度検査をしてみると良いでしょう。

LDLが多過ぎたり、HDLが少なすぎると?

LDLが多過ぎたり、HDLが少なすぎる症状は、それぞれ高LDLコレステロール血症低HDLコレステロール血症と呼ばれ、脂質異常症の一種となります。

どちらになっても体内にコレステロールが多すぎる状態になるので動脈硬化を引き起こしやすく、そこから脳梗塞や心筋梗塞などの致命的な症状にもつながります

LDLの減少、HDLの増加方法

LDLの増加原因としては、肥満、不規則な生活、運動不足、ストレス、遺伝子の異常(遺伝的要因)などが挙げられます。逆にHDLの減少原因としては、肥満、喫煙、運動不足などがあります。

なのでLDL及びHDLを正常な値に戻すには、肥満の解消、規則正しい生活習慣、定期的な運動(特に有酸素運動)、禁煙、ストレスをためないこと、などを心がけると良いでしょう

また、食物繊維や、良質な脂肪酸(不飽和脂肪酸、オリーブオイルやしそ・エゴマ油、魚に含まれるEPAなど)はLDLの減少に効果がありますので、積極的に摂取しましょう。

LDLの酸化

LDLに関しては、量が多すぎることに加え、LDLが酸化してしまうことも動脈硬化の要因になります。この酸化は活性酸素という物質により起こります。

活性酸素は本来呼吸によって入ってきて、菌や異物を溶かして体を守るものですが、活性酸素が増えすぎると体内の組織や細胞を攻撃します。LDLもその攻撃を受けて酸化してしまうのです。

活性酸素が増える要因としては、紫外線やタバコ、排気ガス、大気汚染、農薬、食品添加物、酸化した食用油、焦げた食材、強いストレスなどが挙げられます。これらも意識しておくと動脈硬化のリスクが少なくなります。

食物のコレステロール値はそこまで気にしなくても良い?

ところで、「コレステロールを多く含むものは食べ過ぎないようにしている」などの話をよく聞きませんか?確かに食物にはコレステロールが含まれているものがあるので、コレステロール値が増え過ぎないように、と気をつけている方もいるようです。

しかし、実は人間の体内にあるコレステロールの7割〜8割肝臓で作られたもので、基本的に体内のコレステロール量は、肝臓が正常になるようにコントロールしてくれています。食物から取り入れるのは2割〜3割であり、かつ食物の含むコレステロールは2分の1〜3分の1しか吸収されないため、食物のコレステロール値自体はそこまで気にしなくても良いというのが今の通説です

ただし、これは正常な人の話で、すでにコレステロール値(LDL)が高い人は、吸収率も高くなるため注意が必要です。すでにLDL値が高い人は、食事のコレステロール量を制限し、1日200mg以下にすることが推奨されています。しかし、例えば鶏卵はコレステロールを210mg含んでいますので、結構気を付けないとあっという間に200mgをオーバーしてしまうでしょう。植物性のもの(大豆製品など)ならほとんどコレステロールが含まれてないので、積極的に活用しましょう。大豆製品はタンパク質も豊富に含んでいますので、そういう面でもおすすめです。

まとめ コレステロールは身体に必須のものであるが、増えすぎると動脈硬化を引き起こすことも

今回の記事をまとめると、以下のとおりとなります。

  • コレステロールは脂質が分解されたもので、細胞膜の材料となったり、胆汁酸の材料になる非常に大切なもの
  • コレステロール自体に善悪はなく、コレステロールを運ぶLDLとHDLがそれぞれ悪玉、善玉と呼ばれている
  • LDLはそれ自体が悪いわけではないが、増えすぎると余ったコレステロールが血栓を作り、動脈硬化を引き起こす
  • LDLが多過ぎても、HDLが少な過ぎても動脈硬化の要因となる。これらは脂質異常症の一種。また、LDLは酸化にも注意
  • LDLとHDLを正常に戻すには、肥満の解消、規則正しい生活習慣、定期的な運動(特に有酸素運動)、禁煙、ストレスをためないことなどが有効
  • 体内のコレステロールの内、食物から取り入れるのは2〜3割で吸収率も悪いため、食物のコレステロール値自体はそこまで気にしなくても良い。ただし、すでにLDL値が高い人は吸収率が高いため注意

コレステロール自体は悪者ではないのですが、増えすぎることで動脈硬化を引き起こすことは事実です。動脈硬化は本当に怖い病気で、死に直結することがしばしばあり、症状は突然出てしまいます。

これを避けるためには、やはり規則正しい生活を送ることです。突然の悲劇を生まないためにも、コレステロール値が現在高い人は生活習慣を見直してみましょう。

  • この記事を書いた人
かずきち

かずきち

太っちょだった中学生時代に同級生からバカにされたことで、ダイエットを決意。 高校生の時だけで15キロほどのダイエットに成功するが、社会人になりリバウンド気味なことと、筋肉系youtuber達への憧れから、現在肉体改造中。

-健康

Copyright© KazAya , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.