ダイエット 健康

【酒は百薬の長?】ダイエット中のお酒の楽しみ方

酒は百薬の長?

実はのんべえなあやべえ

ワイン、日本酒、焼酎、、、割と何でも飲めちゃいます。

かずきち
かずきちの方がお酒に弱いよね〜

 

「酒は百薬の長」

この言葉を信じて少量のお酒なら飲んだほうが良いと信じてきました。

しかし!!最近の研究で

健康への悪影響を最小化する飲酒量は「ゼロ」。つまり、全く飲まないことが健康に最も良い。

医学雑誌Lancet(ランセット)誌

と結論付けられました。

 

あやべえ
いやいや、まじすか? ちょっとくらい許してよ〜

 

のんべえのあやべえにとっては辛い現実です。。。

お酒が健康に悪いのは分かったけれど、のんべえにとって断酒は至難の業ですよね。

それなら、せめて太らないようにお酒を楽しもうじゃありませんか!!

 

お酒を飲むとなぜ太る?

お酒はハイカロリー

お酒とソフトドリンクのカロリーを比べてみましょう。

 

分かってはいたけどお酒は飲み物としてはかなりハイカロリー、、、

これを何杯も飲んじゃうとそりゃ太るわな。

 

脂肪が蓄積される

お酒を飲むと体内ではまずアルコールの分解が優先的に行われます。

その間、一緒に食べたものの糖質や脂質の分解が進まず、体内に脂肪が蓄積されてしまいます。

 

ビールに唐揚げって最高に美味しいんやけど、、、

お酒自体よりもお酒と一緒に食べる食べ物のカロリーを気にしたほうがよさそうです。

 

満腹感がバグる

お酒を飲むといつにも増して食べれちゃうってことないですか?

これにはちゃんと名前がついていまして「アペリティフ(食前酒)効果(the aperitif effect)」と言います。

お酒を飲むといつも以上に食べてしまって、次の朝胃がもたれる、なんてことは珍しいことではないですよね。

飲み会のあとの締めのラーメン、おデブへ一直線です。

 

ダイエット中のお酒の楽しみ方

飲酒ディをつくる

あやべえは「1日2杯まで、1週間に2回まで!!」という飲酒ディを作っています。

のんべえにはかなりきつい数字ですが、お酒を楽しみつつダイエットもしていくなら妥当な数字かと!

基本的に毎週金曜日を飲酒ディにしていて、金曜日を楽しみに平日乗り切っています。

私は外に飲みに行くよりも家でちびちびと飲むほうが好きなので宅飲みが多いですが、飲み会のときもお酒は2杯までにしてあとはソフトドリンクに切り替えます。

1日の摂取量を多くしすぎないことと休肝日を設けて肝臓を休ませる日を作ることがポイントです。

 

おつまみはヘルシーなものを

唐揚げにピザにフライドポテト…

お酒には味の濃いものや揚げ物が最高に合いますよね。

でも、一緒に食べるおつまみはできる限りヘルシーなものを選びましょう。

おすすめのおつまみは、

納豆

チーズ

ナッツ類

です。

 

腹八分目を意識する

普段よりは食べすぎてしまっても良いんです、それはもう仕方ない!

でも、自分の中で「まだ食べれるけど」でやめることが大事です。

私は、宅飲みの場合、その日に食べる量を予め決めていて、テーブルの上に出します。

これ以上は食べれても食べちゃだめというラインを酔っ払う前に決めておきます。

飲み会のときは、なかなか難しいのですが、コースは頼まず単品で3〜5品に抑えると次の日に胃もたれせずに済みます。

 

まとめ

お酒の飲み過ぎは百害あって一利なし。

分かってはいるものの、断酒はなかなかできないですよね。

私もお酒が好きだし、人と一緒にお酒を飲む楽しい時間が好きなので、断酒はとてもじゃないけどできないです。

でも、のんべえの人も飲み方さえ考えれば、お酒を楽しみつつダイエットを成功させることができるはずです。

嗜む程度にお酒を飲む、大人の飲み方をしていきたいです。

-ダイエット, 健康

Copyright© KazAya , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.