ダイエット 健康

ダイエットの敵?剥がすと痩せる?最近よく聞く「宿便」と腸内環境のお話

みなさん、「宿便」って言葉、聞いたことありませんか?

「飲むだけで宿便を除去!」のような触れ込みで最近やたらとインターネット上の広告に出てきて、僕も最近初めてその言葉を知りました。

日々体重計とにらめっこしているダイエッターにとって、便秘が大敵だということはお伝えしてきたとおりですが、宿便って便秘とは違うのか、宿便にはダイエット的はどうなのか、を今回はお伝えしたいと思います。

宿便と腸内環境

巷でよく聞く、「宿便」とは??

巷で言われている宿便とは、普通の排泄(要は、踏ん張っただけでは)では排出されない便で、常時腸内に溜まってしまっている便だと言われています。

これだけ聞くと便秘に近そうなんですが、単なる便秘と違うのは、健康で毎日快便のような人でも、常時3~5キロの宿便が存在しているというのです。

で、それらを何らかの方法で排出(剥がす)すれば、その分の体重が落ちるのはもちろん、なんと体重が落ちやすい身体になる!とのこと。

これが本当であれば夢のようで、ダイエッター垂涎の話ですよね(笑)

医学的には宿便は存在しない?

「宿便」というキーワードで探してみると、「宿便がなくなればこんな効果が!」とおっしゃる方と、「宿便なんて医学的には存在しないよ」という方がいらっしゃいます。

しかし、医学界においても、宿便と言う言葉が使われていることは事実です。

その根拠としては、「宿便性上行結腸穿孔の1例」など、医学誌(日本消化器外科の専門誌)に掲載されている医学論文があります。

 

ここからは、「宿便性上行結腸穿孔の1例」の一部をご紹介します。

(「宿便性上行結腸穿孔の1例」(日消外会誌 35(10):1625~1628,2002 年 坂本 和裕 土田 知史 保元 明彦有我 隆光 利野 靖 高梨 吉則 )「症例」より抜粋)

患者:77 歳,男性

既往歴:1994 年よりうつ病の診断で三環系抗うつ 薬内服中.

現病歴:1994 年の抗うつ薬開始後より便秘傾向が あり時折下剤を内服していた.(中略) 2000 年 5 月 9 日外来受診 時に胸部 X 線で右気胸を認めた.(中略)5 月 18 日肺の虚脱が増強したため胸腔 ドレナージ目的で入院した.また入院前にも便秘のため下剤を服用し,入院当日に排便(軟便,少量)はあったが,その後の 2 日間は排便を認めていなかった.(中略)5 月 20 日には肺瘻は消失したが,同日夕食後より腹部違和感が出現.5月 21 日未明に腹痛出現し急激に増強した.腹部は膨満し,右下腹部を中心に強い圧痛および筋性防御を認めた.(中略)腹部 X 線検査で横 隔膜下に遊離ガス像を認めたため(Fig. 1),消化管穿 孔による腹膜炎と診断した.上部消化管内視鏡検査で は異常を認めなかった.腹部 CT 検査にて,上行結腸および盲腸が著明に拡張し,内部に多量の糞便を認めたため(Fig. 2),大腸癌閉塞による穿孔や宿便性大腸穿孔を疑い,同日緊急手術を施行した.

手術所見:下腹部正中切開にて開腹すると混濁した腹水が多量に存在した.盲腸から上行結腸は拡張し糞便が充満していた.上行結腸壁の一部は薄く発赤を伴い,前壁には径 1cm 以下の穿孔を数個所に認め,同部から糞便が流出していた.(中略)以上の手術所見および病理学的所見より,腸管壁の一部が硬便の圧迫により壊死に陥り穿孔をおこした宿便性大腸穿孔と診断した(後略)

上記をかいつまんで言うと、

  1. 77歳男性が気胸(肺に穴が開いてしまっている)で入院した
  2. 肺は良くなったけど、お腹が痛くなった
  3. 調べてみると、上行結腸という部分と、盲腸が拡張しちゃってたから、緊急手術で開腹した。
  4. すると、腹の中の水は濁っており、また拡張していた上行結腸と盲腸には便が詰まってしまっていた 

ということですね。

下剤を入院前に飲ませた、と記載がありますが、下剤で強制的に排便を行っているはずなのに、便や糞石が腸内に残っており、それが腸を圧迫して、穴を開けちゃってそれが原因で腹痛が発生した、ということですね。

つまり、排便で出るもの(出せるもの)以外で、腸内にとどまっている便が存在する、ということは事実なようです。

このとき、最終的な症状名は、宿便性大腸穿孔と診断されており、腸内にとどまっている便のことを宿便と呼んでいることがわかります。

宿便の定義

上記を受けて、宿便とは、単に腸にとどまっている便・糞石のことを指します。

腸に停滞していることから、停滞便と呼ぶ方もいます。

これがどれくらいの量があるかは個人差もあるでしょうし、あまり厳密にはわかっていないようです。

かずきち
正直、個人的には3kg〜5kgもあるとは思えません(汗)

腸内環境との関係

宿便は腸内に存在するため、いわゆる腸内環境にも関わってきます。

腸内環境が悪いと様々な病気を引き起こすと言われています。

というのも、腸は臓器の中でもかなり強力な免疫装置を持っています。

そのため、腸が不調だと病気になりやすいのです。

特に便秘は腸内の細菌を悪玉のものに変えてしまうので、便秘が続くと腸内環境も悪化していきます。

さらに、腸内環境が悪いと、肥満になりやすいということもわかってきているそうです(ここから、宿便を剥がすと痩せる、と言う理論が台頭してきたのだと思われます)。

とにかく、できるだけ腸内環境は良くしておきたいものです。

腸内環境を良くするには

食事

腸内環境を良くする(整える)ためには、やっぱり食事が重要です。

  • 腸内に善玉菌を届ける乳酸菌の摂取
  • 乳酸菌の働きを助けるオリゴ糖や食物繊維の摂取

が必要となってきます。

乳酸菌はヤクルトやヨーグルトなどのほか、納豆やキムチなどの発酵食品にも多く含まれています。

オリゴ糖は大豆などの豆類、ごぼうや玉ねぎなど、食物繊維はほうれん草やブロッコリー、海藻類やキノコ類などに多く含まれています。

腸洗浄

腸の中を直接洗浄する、腸洗浄という施術を受けられる病院があります。

腸の中にお湯を入れて綺麗にしてくれます。

痛そうだけど、お腹の中にお湯が入ってくる感じであったかくて寝ちゃったりするのだとか!?

常時便秘や下痢ぎみの人、野菜や海藻などを食べていない人など、早く効果を実感したい人は有効かもしれません。

施術後には、便秘・肌トラブル・口臭体臭など・お腹の張りやガスの溜まりなどの治療が期待できるそうです。

その他

規則正しい生活や適度な運動も、腸内環境の改善には有効だとされています。

特に朝食はしっかり食べて、朝の排便をルーティーン化することは重要です。

宿便と腸内環境 まとめ

今回の記事をまとめると、以下のとおりとなります。

  • 宿便は医学的にも存在するが、巷で言われているものとは少し意味合いが違う
  • 宿便とは排泄できずに腸内にとどまっている便や糞石のこと
  • 宿便も含め、腸内環境を良く保つことで病気や肥満になりにくい
  • 腸内環境の改善には、乳酸菌やオリゴ糖・食物繊維の摂取が効果的で、腸洗浄などの物理的な方法もある

インターネット上では「これを飲めば宿便が剥がれてすぐにマイナス10kg!」などと謳っている商品も多いです。

その内試してみる予定ですが、おそらくは効果がないんじゃないかと思っています・・・

(本当にそんな薬があるなら医療の現場とかでもっと使われて話題になっていると思いますし)

かずきち

もし購入される方は、慎重に吟味してから購入してくださいね!

-ダイエット, 健康

Copyright© KazAya , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.